今回も質問について、お答えしていきます。
→ここから質問
「本日は一点だけお聞きしたいことがあり、メールを致しました。


それは
マンツーマン(または1対2)形式の授業において机を並べて指導することの是非」ついてです。
まず最初に、近況を報告致します。
あれ以来、毎回できる限りの授業準備
(説明の仕方、演習や宿題の選定など)を行い授業に臨んでいるのですが、
毎日その日の授業を振り返ってみると
「もっとこう説明すればよかった」や
「問題の選定が甘かった」などの反省点が必ず見つかり、
生徒には申し訳ない気持ちでいます。
また、「非誘導型の発問」がなかなかできずに苦しんでおります。
ただ、そのような状況において、
毎日15~20分程度の宿題については、それなりの効果を実感できています。
1週間分をまとめて課していた頃よりも、明らかに次回までの定着度が増しています。
ただ、時にはやり切れない量を課してしまい、やはり反省点はあります。
しかし幸いにも、生徒たちはやり切れなかった事実や、量が多いと感じていることを正直に言ってくれるので、
本当にありがたいです。
今後も日々全力で取り組んでいきたいと思っている次第です。

 

 

 

さて本題に入らせていただきます。
現在、私はマンツーマン又は2人同時指導の場合には、
生徒と机を並べて指導をしております。
2人同時の場合は、それぞれの生徒について机を並べ、
行ったり来たりといった形式です。
ちなみに、組織の方針としては机を並べることを禁止はしていませんが、
特に推奨もしていません。
なお、他の講師の方々は、一人もこのような方法を取っていません。
さて、このような方法をとり始めてから約1カ月が経ちましたが、
先日、よく授業時間が同じになるベテランの男性講師から次のような指摘をいただきました。
「後ろから様子を見ていると、女子生徒たちが動揺している。止めておいたほうがよい。」
授業中は指導及び生徒の理解度を把握することに集中していたため、全く気にしていなかったのですが、
そのような指摘をされると方法を改める必要があるのかと思ってしまいます。
ただ、他の講師の方々に意見を求めたところ、特に気にならないとのことで、
このまま続けてよいものかと迷っております。
そこで、ご意見をお聞かせいただけたら幸いと思い、メールを送らせていただきました。
・あえて生徒と机を並べることの是非
・生徒の本音を探る方法
この2つについて、これまでの指導経験などからご意見をいただけたら幸いです。
参考事項として、以下の点をあげておきます。
・苦情は特にきていない
・宿題は指示どおりにやってきてくれる
・授業中に質問などをしてくれる
・距離間は気にしている(特に演習中は意識的に離れる))
・話し方はですます調で、一人称は私(馴れ馴れしさを出さないように心がけています)
・下心はない、というか、各生徒の学力及び学習意欲、通塾の満足感の向上以外に興味がない
生徒の気持ちが最優先であるため、生徒が臨むのであれば形式を変更することには一切抵抗がありません。
しかしその生徒の気持ちが分からないため困っています…
以上、なにとぞよろしくお願い致します。」

ここまで分かりました。それでは質問にお答えします。

 

 
<ご質問者様へのアドバイス>
*生徒のホンネを聞き出すのは、非常に難しいです。よく考えてみれば、自分の悩みを
誰かに打ち明ける時って、逆に近づきすぎても、聞きづらい事があるんですよね(肉親、兄弟等)

 

 

だから、先生として、生徒の悩みを聞いてくれる像で良いんじゃないかな。
動画で述べた通り、待ち型で基本的には大丈夫かと。

 

 

先生の腕は「授業の上手さ」だけでなく、生徒対応力すなわち
「生徒への声掛けのタイミング」でも違うと言えます。
相手が望んでいない時に、親身に話しても、意味がないですよね。

 

 

そのギリギリのところを、生徒をしっかり観察して、話しかけるようにするのが理想です。それも生徒によって、違うんで、よ~くその生徒の性格を見極めることだと思います。

これは、熟練の方だと、かなり上手い傾向にあります。